場面緘黙症を克服(大人でさえも!)

場面緘黙症は克服できます。(子供でも大人でもすべて克服できます。)

場面緘黙症を克服しよう

場面緘黙症を克服する

場面緘黙症の克服コミュニティQ&A (最終更新2016年11月19日)
(目次)

場面緘黙症を克服するにはどうすればいいか?(なお、この文章はまだ改討中なので、きちんとしたものに近々差し替えます。)
あなたまたは誰かがあなたが場面緘黙症の影響を受けることが大好きされていますか?場面緘黙症は、家庭のような安心できる環境では正常に話す能力があるにもかかわらず、「話すことが期待されている特定の社会的状況(例えば教室や会社)の中になると、話すことができなくなる症状を引き起こす精神疾患です。比較的まれな疾患とされています。[1]場面緘黙症は大人になっても克服できた人の割合は0.1から0.7パーセントに及ぶと推定されていますが、公表するのが恥ずかしい、精神的に弱いと思われる・・・などの羞恥心から一般市民によってなされている報告は過少報告されている可能性が高いです。症状が発症する一般的な年齢は3歳~8歳の間であるとされています。[2]この記事では、場面緘黙症を克服するため、そしてその悪影響を受けている皆様方が少しでも社会に良好な適応ができるようにその方法論についていくつかのヒントを提供します。



場面緘黙症を克服【ステップ1】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141106j:plain
タイトルの画像は、場面緘黙症のステップ1を克服します1
もし可能であれば、自分の信頼できる友人を確認してください。もしそれがたった一人であった場合、あなたは場面緘黙症にり患している基準を満たします:
話すことが期待されている(学校や職場で例えば)特定の社会的な状況でのみ、話すという行為が全くできないということ。このような症状はありませんか?
家では話せるのに、他の状況では対話することが全くほとんどできない。
特定の状況下で話すことができないということは、あなたの社会的、学術的な側面においてマイナスの影響を与えます。
症状のもう一つは、新しい環境に適応するために普通の人よりも遥かに大きな時間を要します。たとえば子供であれば学校に入学してから、1か月以上続く場合がほとんどです。
またさらなる症状の一つは、与えられた社会的状況下において、言葉を操る能力が低いせいで物事を的確に説明することができづらいということです。(つまり、非常に少しの英語を知っていて、英語ん話されている状況では静かなまま別の言語に堪能な女の子ではない場面緘黙症を持っています!)
症状はできませんのような、別の障害によって説明することが自閉症/アスペルガー症候群統合失調症、または一般的な精神病性障害
話すことができないことは選択によって、むしろ話すから個々のを防ぐ極度の不安によるものです。

場面緘黙症の克服、ステップ2に移行します

場面緘黙を克服【ステップ2】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141345j:plain

場面緘黙症は、あなたの日常に計り知れないほど多大な影響を与えているのは間違いありません。場面緘黙症を克服するには、まず、それがあなた自身にどのように影響を及ぼしているるかを認識しなければなりません。まず、あなたが話すことができない、特定の状況を頭に思い描いてみてください。例えば、子供の場合、仲の良い友人とならば普通に話しますが、大人とのみ話をすることができない場合もあります。あるいは別の子と話はできても、もちろん自宅では普通に話すことができても、学校では完全に沈黙していることもありえるのです。このように場面緘黙症が現れる特定の状況を認識することによって、あなたやあなたのお子さんが抱える状態をよい具体的に理解できるようになるのです。このような状況の下、はじめて場面緘黙症を克服するための準備が可能になっていきます。
場面緘黙症の克服のステップ3へ行きます。


場面緘黙症を克服【ステップ3】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141404j:plain

あなた自信を助けるために、他の人(友人、親、伴侶など)が動いてくれる場合は、徐々に「脱感作(だっかんさ)療法、専門的な言葉を使えば暴露療法」を用いて場面緘黙症を克服しましょう:(この種の問題の助けは実は容易に得ることができます)まず、自助グループ(自助コミュニティ)のような限られた環境の下、あなたは快適に会話ができる人と対話しましょう。その後、徐々にそのようなグループに参加する人を増やしていき、可能な限り対話するために別の人を紹介してもらう。このプロセスを繰り返していきます。このために、あなたが会話可能な最も快適な人と一緒に行動し、あなたにとって最も話をするのが不快な人に対してもこのプロセスを徐々に進行させていきます。この技術の目的は、人々によって引き起こされるあなたの中の不安は、あなたが仲の良い会話のしやすい人から離れたときに、対話が不快に感じるということです。このような症状は実は誰にでも大なり小なり健康な心身の人にも存在しますが(俗にいう人見知り)、しかしながら、それが行き過ぎてしまっている過度の人見知りの状態にあるのが、場面緘黙症の人なのです。

場面緘黙症の克服、ステップ4へ移りましょう。

場面緘黙症を克服【ステップ4】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141429j:plain

上記の技術が、完全に機能しない場合、または容易に行うことができない場合は、「系統的脱感作技術(暴露療法)」を用いて、場面緘黙症を克服しましょう: まず、あなたが話すことができない状況をできる限り自分自身で思い浮かべてみてください。その後、空想の中でイマジネーションを生かして、人と対話してみてください。次に行うことは間接的な対話方法に移行するということです。その主なシナリオは、例えば手紙でやりとりをする、電子メールやインスタントメッセージおよびオンラインチャットを利用します。そしてさらに次の吸ってップとして相手との物理的距離を縮めるため、最終的には電話で、よりお互いに会話するという段階へと進んでいきます。この方法は、緘黙の他、特定の恐怖症のような多数抱え込んでいる状態の人がその不安障害を克服するのに非常に効果的です。この方法の目的は、最終的には実際の状況(つまり自身が話すことができなくなる状態)に徐々に慣れていき不安を誘発する刺激のレベルをことによって(暴露することによって)、脱感作(だっかんさ)(苦手な状況に慣れてしまうことによって)話すことによって引き起こされる不安を克服していくということです。
タイトルの画像は、場面緘黙症のステップ5を克服します

場面緘黙症を克服【ステップ5】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141456j:plain

コミュニケーションのすべての行いを、必要に応じて練習します。たとえば、人間が会話中に行うアイコンタクト、ジェスチャーの練習をする・・・それらを練習しながら少しずつ話す人を紹介してもらい(仲の良い友人でもよい)、次第に会話しテイク頻度を増やしていきます。そしてそれによって徐々にあなたの感じる社交不安はベターになっていくことでしょう。そのためにはあなたの感じる極度の不安に対して、可能な限り他の人の助力や激励を得ることも同時に重要です。

また、オーディオ録音してみた自分の声(話すことに対してあなたがより快適に感じるように)の音声を再生そ、自分の声は一体どんな感じなのか自分自身を俯瞰して客観的に観てみましょう-この技術はシェーピングと知られているものです。なおシェーピングの練習は、録音する自分の声をはじめは、ささやくくらいの微小なレベルから、友人/親や教師、上司とオフィスや教室、職場のような公共の場所で、あたかも話しているかのように徐々に徐々にボリュームを上げていく行ってください。


場面緘黙症の克服のステップ6に移行します。

場面緘黙症を克服【ステップ6】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141521j:plain

あなたが苦痛だと感じる状況を避けてもいいんです。あまりにも症状が重い場合は・・・

場面緘黙症の克服ステップ7に移行します

場面緘黙症を克服【ステップ7】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141555j:plain
肯定的な思考に焦点を当てることが不安を克服するの役立ちます。いつもあなたに存在する思考"私は話すことができない..."というネガティブなものを "私は話すことができるし、それは可能なのだ!"というようなポジティブなものに焦点を当てるようにします。これをセルフトークのコントロールといいます。

場面緘黙症の克服のステップ8に移動します。

場面緘黙症を克服【ステップ8】

ことを実現するには自分が神経質であることを自覚する必要があります。したがって、あなたはこの種の上記してきたようなセッションを受けたり、自助コミュニティに参加するに至って、まずは小さめなグループから開始する必要があります。何故かというと、一つはまず人前で十分に話すこと(プレゼンテーション)を行うことの前段階の練習として、はじめは5人程度の目前で話したりすると良いでしょう。芸能人やラジオDJや歌手などは公衆の面前で話したり、大勢の観客の目前で歌ったりしていますが、彼らはその状況に慣れているのです。はじめからうまくいった人は彼ら、彼女らの中でも稀(まれ)でしょう。しかしながら、時には、経験豊富な芸能人ですら、ステージ上で緊張をほぐすために(リラックスするために)、そしてこれらのストレス感情を制御しようとするために薬物に走ったりします。公衆の面前でリラックスするということは、実はそうそう簡単なことではないことがこれらの例をみればお分かりいただけると思います。そして、芸能人たちも多くの場合、ステージ上において、ファンからサポートを受けながら、笑顔や感謝のうなずきを得るために、お客さんと自分自身をよりスムーズにコミュニケーションすることができるのです。ただしこういった人々においても群衆の目前に立つことや、より大きな会場に立つことだけでなく、新たな社会的状況に進出していく際、かなりのストレスが存在すると彼らは語っています。

場面緘黙症を克服のステップ9に移行します。

場面緘黙症を克服【ステップ9】

f:id:bamennkannmokukokuhuku:20161119141619j:plain

重度の場面緘黙症についてですが、上述してきた技術は、この障害を克服するために効果がない場合もあります。その場合は、次の治療法行う必要があり精神科医や専門家の助けを求めることが必要です。そして場面緘黙症に対処するため薬物の使用が余儀なくされる場合もあるかもしれません。不安を軽減するために処方される一般的な薬にはデパスメイラックスのような抗不安薬フルオキセチンプロザック)のような新世代型抗うつ薬選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRI)などが挙げられます。薬物療法を用いながら、場面緘黙症の克服を最大レベルで推し示していくには、上に書いて生きた方法論と不安低減技術の反復練習とこの薬物療法を組み合わせる必要があります。

(まとめ)

場面緘黙症の克服は非常にやさしい。
ここに書いてきた記事ははっきり言ってくだらない意味のないものばかりです。効果のあるのはステップ9のみです。(これでもまだ足りない)
この記事の内容と全く相いれない治療法の提供を私は行っています。↓
https://bamennkannmokusyoukokuhuku.blogspot.jp/